1. TOP
  2. 子育てペディアは子育て専門の情報サイトです。

子育てペディアは子育て専門の情報サイトです。

子育てを楽しもう!

394970
子育てペディアをご覧頂いているみなさま、子育てを楽しんでいますか?

子育てをすると、当たり前ですが子供は成長していきます。
「子育て」と「子供の成長」は、切っても切れない関係にあります。

「子育て」ととらえると、少ししんどい気持ちが生まれますが、
「子供が成長する」ととらえると、とっても楽しみじゃないですか?

そうです、子育ては本来「楽しいもの」なのです!

私は自分の子供が、どんな風に成長していくのか期待に胸を膨らませています。

今はまだ子育てを楽しめていないという方は、
「子供を成長させる」と考えて、期待に胸を膨らませましょう!

子育ての悩み

子育ての悩み
とは言うものの、やはり子育てに悩んでしまう時は「誰でも」あります。

子育てが「しんどい」「楽しくない」理由は、子育てに悩みがあるからです。

子育ての悩みが解決すれば、子育ては楽しいものになるに決まっています。

子育てに悩む理由はなんですか?
子育てにおける悩みはいろいろな悩みがあります。皆さんは一体どのようなことで悩んでいますか?

赤ちゃんが寝なくて不眠になっている?
子供が言うことを聞かなくてイライラする?
子供がいじめられているけど、どうしていいかわからない?
または、ママ友と上手くいかなくてストレスが溜まる?

安心して下さい。
これらの悩みは全て子育てペディアで解決策を提示しています。



子育てペディアでは、子育てに悩む親を「助ける」ための記事が満載です。

検索フォームに単語を入力すれば、該当する記事がヒットします。
子育てペディアを読んで、悩みを解決して下さい。

もしご自身の悩みに関する記事が見つからない場合は、お気軽にご連絡下さい。
他の方も持つであろう悩みであれば、すぐにでも記事を作成します。

一般常識に捕らわれすぎない

子育ての一般常識に耳をふさぐ
子育ての悩みはなぜ生まれてしまうのか?それは「一般常識」にママ自身がとらわれてしまうからです。

これは言い換えますと、「一般常識に捕らわれなければ子育ての悩みは生まれない」ということです。

例えば、
3歳まではママの手元で育てないといけない
Youtubeを子供に見せる「スマホ子守」は良くない
子供は何が何でも学校に行かせないといけない
ママ友は作らないといけない

これらの一般常識を信じている方はいませんか?

「3歳まではママの手元で育てる必要がある」これを「3歳児神話」と言います。
この3歳児神話はとっくの昔に否定されています。

3歳までママの手元で育った子供と、1歳未満から保育園に入っている子供に、
成長の違いないと厚生労働省も報告しています。

またスマホ子守をうけた子どもと、スマホ子守をうけなかった子供にも、成長の違いはありません。
(ただし限度はあります)


子育ての世界には、ママを悩ませる「一般常識という名」の「デマ」がいくつもあります。

子育てペディアでは、デマである一般常識はバッサリと切り捨てます。
周りの言う「一般常識」に悩まされないようにしましょう。

子育てにかかるお金

子育てにかかるお金
子育てにかかるお金のことも気になりますよね。子育てにはお金は必須と言えます。

AIU保険が調査した統計によると、出産から22歳(大学卒業まで)にかかる費用は1,640万円ということです。

子供が二人となれば、単純に二倍というわけではありませんが、負担はもっとかかるでしょう。

子育てにかかるお金を節約しよう!

それではお金がないなら子育てはできないのでしょうか?

いいえ、子育てはお金がなくても不自由なく行うことができます。
お金が無いなら無いで、出来る対策は色々とあるのです。

お金がないときの対策方法を大きく分けると下記のとおりに分けられます。

  1. 行政を頼る
  2. 節税
  3. 節約

これらの方法を使えば、子育てに使えるお金が少なくても、
何の影響もなく子育てをすることが出来ます。

しかしこれらの方法は知っていないと使えません。
知らないからと言って誰かが教えてくれることは無いのです。

ですので自分で勉強をする必要があります。
子育てペディアでは、子育てに必要なお金に関する記事を色々書いています。
知識をつけて、子育てにかかるお金を節約しましょう。



周りに助けを求めよう!

助けを求めよう
昔であれば近くに祖父母や親戚が済んでおり、子育てを助けてくれる人がいました。

また近隣とのコミュニケーションも活発で、
誰かが困っていれば近隣の人が助けてくれたものです。

しかし昨今の日本の社会では、
祖父母や親戚と離れて暮らす人が多く、また近隣との関係性は希薄になっています。

皆さんは、子育てに困ったときに「助け」を求められる方はいますか?

多くの人は助けを求められる人はいると思います。
しかし、誰にも助けを求められないという人もいるはず。

子育てペディアはそんな「誰にも助けを求められない人」に
手助けが出来る存在でありたいと思います。

子育てを行う上で抱える悩みに対する解決策を各記事で提示し、
また具体的に助けを求められる場所の提示も行っていきます。

子育ては1人で行うものではありません。誰かを頼っても良いのです。
誰を頼っていいかわからない時は子育てペディアをご覧下さい。

運営者情報・お問い合わせはこちらから