1. TOP
  2. 子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら…始めるために必要やリスクについて

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら…始めるために必要やリスクについて

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら…リスクと始めるために必要なものは?

近年、【YouTube】を日常的に見る子どもが増えています。

YouTubeは、TV番組やアニメ、音楽などPCやスマートフォン、タブレットがあれば
いつでもどこでも見ることが可能で、世界中の人が利用しています。

最近ではYouTubeに独自で作成した動画をアップし、
動画再生回数によって得られる広告収入で生活している人も増えています。
このような人を【YouTuber(ユーチューバー)】と呼び、
子どもが憧れる職業の一つにもなっているのです。

子どもが将来「YouTuberになりたい!」と言った場合、
始めるために何が必要か、どんなリスクがあるかまとめました。

子どもがYouTuberになりたい理由

YouTuberは、小学生の将来の夢【第3位】にランクインするほど人気の高い職業になっています。
人気の理由には以下の理由があります。

  1. 人気者になれる
  2. 好きなことができる
  3. お金が稼げる

人気者になれる

人気の高いYouTuberは、芸能人と同じ扱いで世界中の多くの人から支持されています。
街で目撃されれば、若い子がこぞってカメラを向けたり握手を求めたりと結構な有名人なのです。

YouTuberはモデルや俳優とはちょっと違い、
顔やスタイルが良くなくても人気者になれる世界です。

また手軽で誰にでも始める事ができるので挑戦しやすいでしょう。

特技を活かしたり、面白いことをして目立ったり、
人前に出る仕事がしたい子どもにとっては、憧れの職業ですね。

好きなことができる

YouTuberは、動画を見る限り好きなことをやっているイメージが強いですよね。
例えば…

  • やってみた系動画
  • 新しいゲームやおもちゃを実況・紹介
  • メイク方法を紹介
  • 料理をする

やってみた系動画は、テレビやネットで流行っていることを実際に試したり、
歌う・踊る・演奏するなど自分の特技をパフォーマンス披露したりする動画のことです。

新しいゲームやおもちゃで遊ぶ様子を撮影する人なんて、遊んでいるようにしか思えませんよね。
メイクや料理だって、得意な人からしたら好きなことを仕事にできているのと同じです。

YouTuberはユーザーを楽しませたり、得意なことを紹介している人が大半です。
楽しくて好きなことを仕事にできるのは憧れますよね。

お金が稼げる

ある程度人気の高いYouTuberになれば、
動画再生回数によって得られる広告収入で稼ぐことができます。

YouTubeは、世界中の人が見ることができる動画配信サイトですから、
世界中の人の目に止まれば、驚くほど稼ぐことができるのです。

トップクラスのYouTuberは年収が億単位ともいわれていますから、
好きなことをしながら高収入が得られるのは、夢のような話ですよね。

YouTuberになるために必要な道具

YouTuberを目指す上で、必要な道具があります。
実は面倒なものや高いものを揃えなくても、
動画をアップデートするのは誰でも簡単に始められるんですよ♪

撮影に必要な道具

まずは撮影に必要な道具を紹介します。

YouTubeに動画をアップするためには、
プロ向けの高級な一眼レフやビデオカメラを揃える必要なんてありません。

必要最低限の道具として、
【スマートフォン】さえあれば動画撮影が可能です。

その他…

  • カメラを固定するための三脚
  • 戸外であれば自撮り棒
  • 外部(外付け)マイク

このようなものがあれば、よりユーザーが見やすい動画を撮影することができますね。

手ブレを防ぐための三脚、持ち運びに便利で離れた場所でも撮影できる自撮り棒は、
100円均一でも購入できます。

マイクは、スマートフォンのイヤホンジャックに差し込めるタイプのものもあり、
音声をクリアに拾うことができますよ。

編集に必要な道具

次に撮影した動画を編集するための道具を紹介します。

撮影した動画はより視聴者が見やすいよう、動画編集ソフトを使って以下のような編集を行います。

  • カット作業
  • テロップ付け
  • BGM・効果音の挿入
  • オープニング・エンディング付け

動画編集ソフトは無料のソフトと有料のソフトがあります。

有料の編集ソフトだと1万円前後で購入できます。
無料の編集ソフトでも、カット編集やBGM挿入、テロップ付けなどの機能が揃っているので十分使えますよ。

この他に、スマホのアプリでも簡単に動画編集できるので、
初心者の人でもすぐに操作することができます。

編集に便利なおすすめアプリ【iMovie】

【iMovie】は初心者でも簡単にできる、動画編集アプリです。
iMovieの紹介

iMovieはテロップやBGMの挿入も可能で、撮影から編集までスマホ1台で完了します。

スマートフォンで撮影した動画を、すぐに編集してYouTubeにアップ。
「無料」で「簡単」にオリジナルムービーを作成できます。

YouTuberになることによるリスク

YouTuberは誰でもチャレンジでき、誰でも夢を掴むチャンスがあります。
しかしYouTuberとして生きていくことは、リスクも高いのです。

個人情報が流出する

YouTuberは、個人情報が流出する危険性があります。

動画は静止画より個人を特定しやすく、
住所や本名、学校や職場を知られ、
ストーカーやいやがらせなどのトラブルが起こる場合があります。

「顔出し」することでより危険性が高くなりますが、
「顔出し」をしなくても、背格好や動作で特定されるケースもあります。

本人だけでなく、家族や友人にも迷惑をかけてしまう可能性もあるでしょう。
YouTuberになるにはそれなりの覚悟が必要です。

誹謗中傷を受ける

YouTubeのコメントで酷評、誹謗中傷を受けることがあります。

ユーザーの中には「面白くない」「やめろ」などのネタに関する酷評を書く人もいれば、
「キモい」「うざい」と容姿について悪意のあるコメントを書く人もいます。

良いコメントをもらえば気分がいいですが、ネガティブなコメントを書き込まれたら
残念な気持ちになりますよね。

近年ネット上では、こういった誹謗中傷によるトラブルが増加しています。
YouTuberを目指すためには、メンタルを強くしておく必要があるでしょう。

継続する必要がある

YouTuberになるためには、継続して動画をアップする必要があります。

現在人気のYouTuberたちも、はじめから人気が出ていたわけではなく、
再生回数を増やすために、毎日コツコツと動画をアップしてきた人ばかりです。

こういった人たちは、何かのきっかけで動画がヒットし、
再生回数とユーザーが急上昇し人気の高いYouTuberになったのです。

はじめの内は再生回数が伸びなかったり、ネタが尽きたりといった悩みから、
YouTuberになる夢を諦めてしまう人もいます。

動画作成は企画→準備→動画→編集→アップデートと、
かなりの時間と労力、内容によっては費用も費やします。

本気でYouTuberを目指すの出れば、
毎日動画を継続してアップできるくらいの根性が必要ですね。

ネタが犯罪になる可能性がある

YouTuberのネタが犯罪になる可能性があります。

特に【やってみた系動画】は、過激なネタほどユーザーの目に止まりやすく、
炎上をきっかけに再生回数が爆発的に伸びる場合があります。

しかしこういったケースは過去に犯罪者となって警察に捕まった人もいます。
高額な損害賠償請求をされて、人生を台無しにしてしまう可能性も…。

収入が安定しない

YouTuberになったとしても、収入が安定するわけではありません。

YouTubeで収入を得るためには、
【YouTubeパートナープログラム】に申し込む必要があります。

申し込んで審査に通れば、動画に広告が自動で掲載されるようになり、
広告の再生や、クリックされることで広告料が発生するのです。

しかし誰でもYouTubeパートナープログラムに申し込めるというわけではありません。

過去12ヶ月間のチャンネル総再生時間が4000時間、
チャンネル登録者が1000人に到達すると参加できるか審査されます。

審査が無事通ると【動画再生回数×約0.1円】の収入になります。

審査に通るまでの道のりが長い上に、
ヒットする動画を上げ続けない限りは、安定した収入を得ることは難しいでしょう。

成功する確率が低い

YouTuberとして成功する確率は低いといわれています。

実際YouTuberとして成功できている人は、全体の10%ほどで、ほんの一握り。
YouTubeに動画をアップすること自体は、誰でも簡単にできますが、
YouTuberとなって実際に成功することは難しいようですね。

高いリスクを背負いながら、毎日コツコツ動画をアップするくらいの根性がないと、
続けられないかもしれません。

またヒットするための動画を作成するためには、入念に企画することも大事です。
ネタになるような面白い企画を常に考えられる人が、YouTuberに向いているでしょう。

子どもが「YouTuberになりたい!」と言い出したら、止めるべき?

タブレットを見ている子ども
これからの時代、「大きくなったらYouTuberになりたい」と言う子どもも増えてくるでしょう。

私たちが子どもの頃には考えられなかった夢ですが…
親は子どもの夢をなるべく否定したくないし、応援したいものですよね。

最近では子どもでもYouTuberとして活躍している子(キッズYouTuber)がいますから、
子どもにとっても身近な存在になっているのは確かです。
(※登場するのは子どもですが、企画や編集はたいてい親です)

YouTubeのメリットは、誰でも簡単に始められることです。
興味を持ち始めた頃から、実際にやってみるのもいいですね。

YouTubeに動画をアップし続けることがどんなものか、体験を通してわかってくると思います。
その中で大変さを実感して夢を諦める場合もあれば、夢中になってハマる場合もあるでしょう。

子どもが夢を持つことは良いことです。
最初から「やめておきなさい」と釘を差すのではなく、
子どもの興味を大切にしながら応援してあげましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら…リスクと始めるために必要なものは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nisi

nisi

現役保育士10年目。毎日パワフルで笑顔いっぱいの子ども達からパワーをもらっています。私立・公立の保育園で働いた経験を活かしながら、子どもや親の気持ちや悩みに寄り添えるような記事を心がけています。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

  • コンサート会場

    子供とコンサート・ライブへ行く時の注意点やマナー

  • 瞬足シリーズ

    瞬足を履くと本当に足が速くなるの?瞬足の効果について調べました。

  • ランチで宗教に勧誘された

    ママ友から宗教に勧誘されたときの断り方

  • 2017年衆議院議員総選挙のイメージ

    【衆議院選挙2017】子育て支援で見る政党別の公約まとめ

  • 3世代家族の人形

    育児と介護が同時に迫るダブルケア。ダブルケアの原因と解決方法って?

  • 電動自転車

    オススメの子供乗せ電動自転車を目的別にピックアップ☆