1. TOP
  2. 子供の猫背を治す方法は?猫背の原因と治し方(矯正方法)まとめ

子供の猫背を治す方法は?猫背の原因と治し方(矯正方法)まとめ

猫背のおなんの子

姿勢が良い人・姿勢が悪い人では、見た目の美しさが全く違います。

姿勢が良いと美しく見えるので、いつでも姿勢を良くすることが理想ですね。
逆に猫背になっていると、見栄えがよくありません。

猫背になってしまうと意識しない限り、ついつい姿勢を崩してしまいます。
猫背は見た目の悪影響だけでなく、体への悪影響もあります。

今回は猫背になる原因や猫背による悪影響、そして猫背を治す方法をまとめました。

姿勢は子供の頃の癖が、そのまま大人になっても続いていくものです。
ですので子供の頃から猫背を治し、正しい姿勢を習慣付けましょう。

猫背チェック方法

子供の後ろ姿
まずは我が子が猫背なのかどうかチェックする必要があります。

いわゆる「姿勢」には大きく分けて3つあります。

  1. 正常
  2. 猫背
  3. 反り腰

我が子がどの姿勢に当てはまるのか、家庭で簡単に調べる方法があります。

下記の方法を使って子供の猫背チェックをおこないましょう。

壁にかかとをつけて立つ

いつもの姿勢のままで、壁にかかとをつけ直立します。

その時の姿勢で猫背チェックができます。

正常な姿勢

正常な姿勢
かかと肩甲骨頭が壁にくっついていて、腰と壁の間に少し隙間があるなら「正常な姿勢」です。

背骨がゆるやかなS字になっています。

猫背の姿勢

猫背な姿勢
腰より上が前かがみになっていて、腰とおしりが壁についているなら「猫背の姿勢」です。

腰から上の背骨が、前方に曲がっています。

反り腰の姿勢

反り腰の姿勢
腰とお尻が壁にくっつかず、骨盤が前方に出ているなら「反り腰の姿勢」です。

背骨の下部分が大きく前方に曲がっています。

猫背になる原因

眠る子供
人の背骨を横から見ると、正常な場合はゆるやかなS字カーブを描いています。
しかし猫背の人の背骨は、S字カーブが崩れているのです。

では猫背になる原因は一体何なのでしょうか。

親が注意しない

人間は自然と楽な姿勢、楽な体勢をとります。

大人の場合はふとした瞬間に自分の姿勢が悪いことに気が付き、治そうという意識になります。
しかし子供の場合は、姿勢に意識がいきません。

子供の姿勢が悪いにも関わらず、親が注意をしないことが原因で猫背になります。

親が猫背に対する認識が甘いと、子供が猫背になっていても見過ごしてしまうのです。

座り方・座り癖

勉強したり、ゲームをしたりする時に、前かがみに座る子供が多いものです。
長時間前かがみの姿勢をしていると、背骨が歪み猫背になります。

また椅子に浅く座り、背中を背もたれにつけ座っていても背骨が歪み、猫背になります。
この姿勢は、猫背だけでなく骨盤も歪めてしまう原因になります。

筋力の低下

正しい姿勢は、腹筋・背筋を使います。
しかし姿勢が悪いと、腹筋・背筋をほとんど使いませんので、筋力の低下に繋がるのです。

筋力が低下すればするほど、猫背の進行が進みます。
猫背の進行が進むとさらに筋力が低下するので悪循環になります。

柔らかい寝具

柔らかい寝具で寝ると、心地が良いものですが、猫背の原因になります。

寝具が柔らかいことで背骨がまっすぐにならず、ゆがめてしまうのです。

特に眠っている時は、起きている時より身動きが少ないものです。
背骨が歪んだ状態で、身動きを取らずにいると、猫背が悪化します。

寝る姿勢

横向きになり背中を丸めて寝ていると、猫背になりやすいです。
眠っている状態で、猫背姿勢になっているので、背骨の歪み原因になります。

それに横向きの寝方をすると、肩が前に出ます。
肩が内側になることで肩甲骨が開いてしまい、肩周りの動きが悪くなるのです。

背が高いことによるコンプレックス

女の子に多い理由の1つに、「背の高さ」があります。
背が高いことにコンプレックスを感じる女の子が多いのです。

大人になれば、背の高い事を、誇らしく思えるようになる人もいます。
しかし子供の頃はそうもいきません。
背の高い女の子は、少しでも背を低く見せたいと思うのです。

そのために背中を丸めがちになり、猫背になってしまうのです。

猫背による悪影響

ゲームをする子ども達
猫背がどうして悪いのかを、わかっていない子供が多いものです。
なぜ悪いのかわからないからこそ、なかなか猫背姿勢は治りにくいですよね。

猫背によっておこる悪影響は、沢山あります。

集中力・学力が低下する

猫背ににあると、集中力や学力が低下します。

猫背がなぜ集中力の低下、学力の低下に繋がるのか疑問に思うかもしれません。

猫背の場合、姿勢が悪いせいで、「肺が背筋に圧迫」されます。
すると、体内に取り入れられる酸素の量が少なくなります。

体内に取り入れる酸素の量が少ないと、脳が酸欠状態になります。
脳が酸欠状態になると集中力が低下し、勉強していても身にはいらなくなります。

それによって学力の低下にも繋がるのです。

肥満になる

さらに猫背は肥満の元でもあります。
猫背の肥満に関しても、上記と同様に酸素不足が原因です。

運動時に取り入れられる酸素量が少ないため、エネルギーの消費率が低くなります。
ですので猫背と肥満が大きく関係しているのです。

それに猫背の場合、背中に脂肪がつきやすくなりますので注意が必要です。

新陳代謝が悪くなる

猫背になっていると、背筋・腹筋が弱くなり、内臓が下がってしまいます。
内臓が正常な位置にないことで、基礎代謝も下がってしまうのです。

その結果脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。

新陳代謝が悪くなると太ってしまうだけでなく、肌荒れや体臭の元となります。

運動神経が悪くなる

さらに猫背の子供は運動神経まで悪くなります。

どのようなスポーツも、「背筋」を使います。
姿勢が良いと肩甲骨が動きやすくなり、反ることで大きなパワーが出ます。

しかし猫背の場合は、正しい姿勢ができないので肩甲骨の動きが悪く、バランス良く反ることができません。
それにバランスが悪いことで、疲れやすくもなります。(酸素を取り入れられないため余計に疲れやすく…)

猫背がひどければひどいほど、運動神経が悪くなるのです。

また背中には、中枢神経が通っています。
運動の際、手足で動く感覚・情報は、中枢神経を通って脳に伝達されます。

しかし猫背の場合は、正常に伝達されないことがあり、反射神経が鈍くなるのです。

肩・首がこる、頭痛になる

猫背が原因でおこる身体の不調のなかでも、最も多いものが「肩こり・首こり」です。

猫背は背中がまるくなり、首と顔が前に出ます。
この姿勢は、「肩や首の筋肉に負担」が、かかります。
筋肉に負担がかかり、血行も悪くなり、肩こり、首こりの原因になるのです。

また猫背の場合、肩甲骨が開きます。

肩甲骨が開くと、肩甲骨を正常に動かせません。
その結果肩周辺の筋肉に負荷がかかり、肩こりの原因となるのです。

猫背の場合は首や顔が、背中より前に出ています。

頭は体全体で支えてるものですが、猫背の場合は「首」で支えることになります。
よって首に負荷がかかり、首がこりやすくなるのです。

肩や首が凝ると頭痛の原因になったり、神経を痛める可能性があるので注意が必要です。

背が伸びにくくなる

猫背のままでいると、身長が伸びません。

大人の猫背ではあまり影響はありませんが、子供にとっては大きな悪影響ですよね。

成長期に猫背姿勢でいると、本来伸びるはずの身長が伸びず、成長が止まってしまうことがあります。

後悔して猫背を治したとしても、成長期を過ぎていたら手遅れです。
成長期を逃してしまうと、後から猫背が治っても身長は伸びないのです。

子供の身長を高くしたいのであれば、猫背は治して上げる必要があります。

見た目が悪い

猫背には「暗いイメージ」・「何を考えているかわからないイメージ」がありませんか?
そうです、猫背はイメージが悪いのです。

猫背は見た目という点ではマイナスしかありません。
「猫背で逆に良かった」なんてありえないのです。

逆に背筋が伸びている人は「デキる人」と言うイメージがあり、プラスになりえます。

子供のうちはあまり悪いイメージは持たれないかもしれません。
しかし大人になれば、間違いなく悪いイメージを持たれるので、子供のうちに矯正しましょう。

猫背を治す方法

鉄棒にぶら下がる子供

いままでの記事の内容で、猫背にはデメリットばかりということが理解できたかと思います。

それでは猫背を改善させていくためには、どうすればいいのでしょうか。
ここでは「猫背の治し方」を紹介します。

子供に意識させる

猫背は治そうという意識を、本人が持たなくてはいけません。
親が頑張って注意をしても子供に治す気が無ければ、親の見ていないところでは猫背に戻ってしまいます。

本人が「楽と思っている姿勢」は、力を入れる必要のない間違った姿勢です。
意識をして姿勢を正すことで、徐々に猫背が改善されます。

最初は逆に肩や腰が凝ることがありますが、徐々に慣れてくるでしょう。

親が注意をする

しかし子供は姿勢にそれほどこだわりを持っていないので、すぐ力を抜いて猫背になってしまいます。
そうならないために、親がそばにいる時は、子供が猫背になる度に注意をしましょう。

なぜ猫背がいけないのか、猫背になるとどうなるのかを子供にしっかり説明しましょう。
身長が伸びないことは、特に男の子にとっては重要な事です。

猫背を意識できない子供だからこそ、親が注意しなくてはいけません。

筋トレをする

猫背になる人は、腹筋・背筋が弱まっている可能性があります。
正しい姿勢をしていると、筋力がないために、すぐ疲れてしまいます。

ですので腹筋と背筋をおこない、筋力をつけます。

お腹と背中の筋力が強くなると、正しい姿勢をしていても、疲れにくくなります。
そうすることで、猫背が改善されやすくなるでしょう。

机・椅子を変える

机の高さや、椅子の高さが合っていないと、猫背が改善されません。

子供の座高に比べ机が低いと、どうしても前かがみの姿勢になってしまいます。
机の高さは丁度よくても、椅子が高すぎては前かがみの姿勢になります。

ですので机・椅子の両方が子供の体に合ったものを選んでください。

小学生になると、学校の机に座る時間が長くなります。
小学校の机の高さが合っていなことも考えられますので、先生に確認しましょう。

また人は、座っている時も楽な姿勢を好みます。
座っている時に、背中がまるくなっていないかを意識して座るようにしましょう。

整体院・接骨院に行く

整体院または接骨に行くことで猫背が治る場合があります。

【整体院】
整体院は無認可で、資格がなくても営業できます。よって知識が浅い人が営業している可能性があります。
医療機関ではありませんので健康保険が適応されません。

【接骨院】
接骨院は国家資格が必要です。症状によって健康保険が適応される場合と、されない場合があります。

まず整体院では健康保険が使えませんので、「猫背を治したい場合は全額自費」になります。

整体院にもよりますが、猫背の矯正にかかる費用は1回につき「5,000円前後」です。

接骨院でおこなう猫背の治療は、健康保険が使える場合と、使えない場合があります。

個人的な癖や性質で猫背になり、正しい姿勢にしたい場合は健康保険が適応されません。
しかし猫背によって腰痛や背中痛を伴う場合は、健康保険が適応されます。

つまり姿勢が悪いことで、体のどこかに痛みがある場合は、保険が適応されるのです。
接骨院での猫背治療にかかる費用は1回につき「2,000円~4,000円前後」です。

矯正グッズを利用する

日頃から姿勢を意識するだけでは、なかなか猫背が治らないという人がいます。
そのような人におすすめなのが、猫背の矯正グッズを使うことです。

猫背矯正グッズには、ベルトや椅子など、様々なものがあります。

猫背矯正ベルトは、ずっと装着しないといけませんので、子供が嫌がる場合があります。
そのような場合は、「矯正椅子」を利用するといいでしょう。

子供のストレスにならないよう、無理なく猫背を矯正できるグッズを選びましょう。

人気でおすすめな猫背矯正グッズ

電球と人差し指
猫背矯正グッズの中でも代表的なものをまとめました。

子供用姿勢矯正ベルト World Bridge


子供用姿勢矯正ベルト World Bridge 背筋矯正 男女兼用 子供姿勢矯正 マジック調整 子供猫背矯正 説明書付き (S)

背中のクロス構造になっているバンドと、4本の弾力ボーンが姿勢を正しく、補正してくれます。

軽いので子供が装着していても、負荷がかかりません。
通気性がよく、夏場に装着しても蒸れにくくなっています。
マジックテープで簡単に装着、取り外し、調節ができます。
サイズはS/M/Lがあるので、子供の体型に合わせられます。

MTG(エムティージー) Style Kids(スタイルキッズ)


MTG(エムティージー) Style Kids L(スタイルキッズ L ライムイエロー) E1011BS-L ライムイエロー L

傾きやすい骨盤から背中にかけて、包み込むような構造の椅子です。
骨盤から背中を包み込むことで、無理なく正しい姿勢になります。

太もも部分もカーブになっていて支えられています。
ですので体を水平に保つことができ、足を閉じた状態でキープできます。

子供の姿勢矯正 グッズ

子供の姿勢矯正 グッズ 猫背防止 近視予防 (グリーン)

机に取り付けて使用します。
顎を置くところがありますので、前かがみになることを防ぎます。

棒の長さは調節が可能ですが、長さに限度があります。
購入前に、子供の高さに合うか確認が必要です。

まとめ

親子の影
子供が猫背になると様々な、デメリットがあります。

成長に関するデメリットが多く、大人になって初めて後悔することが多いでしょう。
また猫背は、大人になってから矯正することは非常に難しいです。
ですので子供のうちに猫背を矯正することが重要です。

猫背を治すには「本人が意識することが1番大」事です。
しかし子供ですので、姿勢を常に意識することは難しいでしょう。
ですので親が子供と協力して猫背を治す必要があります。

指摘や運動で治らないようであれば、整骨院や接骨院に相談しましょう。
安価に自宅で矯正するには、猫背矯正グッズもオススメです。

猫背になると、何1つ良いことはありませんので、子供のうちに治しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

猫背のおなんの子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ママライターR

ママライターR

子育てペディア編集長のRと申します。小学3年生の息子と小学6年生の娘を持つ2児の母(34歳)です。私の子育て方針は「のびのび」です♪子供の自我を抑え込み過ぎず、心の広い寛大な子供に育つよう心がけています。

関連記事

  • 鼻水がよく出る

    電動鼻水吸引器(鼻水取り器)って危険なの?上手な使い方は?

  • 寝転ぶ赤ちゃん

    赤ちゃんの頭の形がいびつで心配!絶壁になる原因・治す方法・予防法について

  • 子供の歯

    子供の歯の黄ばみが気になる…歯が黄ばむ原因と予防方法って?

  • カラコン

    子どもが知らないカラコンの危険性と間違った使い方

  • でべそ

    子供がでべそになる原因と治療方法は?手術した方が良いの?

  • 眠る子供

    夜驚症って何?夜驚症の原因や対策など