1. TOP
  2. 赤ちゃんにミネラルウォーターや水道水を飲ませても良いの?

赤ちゃんにミネラルウォーターや水道水を飲ませても良いの?

 2017/01/04 育児
  2,547 Views
ミネラルウォーター

大人であれば何の問題もなく飲めるミネラルウォーターですが、赤ちゃんの場合事情が違うようです。

赤ちゃんは内臓が未発達なため、ミネラルウォーターに含まれる栄養が負担になることも。

それでは水道水は飲ませても良いのでしょうか?日本の水道水は飲めるほどキレイと言われています。

日本の水道水を飲んでお腹を壊す大人はあまりいないですよね。しかし水道水も注意が必要です。

このページでは、赤ちゃんにミネラルウォーターまたは水道水を飲ませても良いのか、そして飲ませる際の注意点をまとめています。

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませても良い?

ペットボトルの水
ミネラルウォーターは水道水に比べ菌が少なく、また塩素(カルキ)が含まれていないため、赤ちゃんが飲んでも良いと思うかもしれません。

しかし赤ちゃんに「飲ませても良い」ミネラルウォーターと、「飲ませてはいけない」ミネラルウォーターがあります。

軟水はOK・硬水はNG

ミネラルウォーターには「軟水のミネラルウォーター」と「硬水のミネラルウォーター」に分かれています。
これは水道水も同じです。

硬水を飲むと赤ちゃんは、下痢気味になります。
下痢になると脱水症状を起こすので、硬水は飲ませてはいけません。

軟水と硬水の違いは後述しますが、含まれる成分が違います。
軟水の方が赤ちゃんの内臓に負担をかけないため、軟水が適しているのです。

軟水と硬水の違い

それでは硬水と軟水は一体何が違うのでしょうか?
この2つの違いは、「水に含まれる成分」にあります。

軟水は硬水に比べて、「カルシウムとマグネシウム」の量が少なく、
逆に硬水は軟水に比べて、「カルシウムとマグネシウム」の量が多いのです。

水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。 WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

カルシウムが多く含まれる硬水の方が栄養が多くて良いじゃないかと思われるかもしれませんが、
カルシウムやマグネシウムは赤ちゃんの内臓に負担をかけます。

ですのでカルシウムやマグネシウムの含有量が少ない、「軟水」を飲ませましょう。

赤ちゃんの栄養は「ミルク」で十分です。
硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、赤ちゃんにとって不要なのです。

軟水のミネラルウォーター

市販されているミネラルウォーターが軟水なのか硬水なのか、ひと目見ただけでは判別出来ません。

そこでここでは、赤ちゃんにオススメのミネラルウォーターを紹介します。

ベビーのじかん 赤ちゃんの純水 500ml×24本

2リットル入りの物よりも、衛生面や重量面で500mlの方が役立ちます。

-下記からAmazonで購入できます-

森永 やさしい赤ちゃんの水 2000ml×6本

森永も赤ちゃん用のミネラルウォーターを販売しています。調乳用純水と書かれており安心です。
Amazonでは2,000mlタイプのみの販売です。

-下記からAmazonで購入できます-


その他、店頭で販売されている「赤ちゃん用ミネラルウォーター」は、全て軟水ですので安心です。

ミネラルウォーターを飲ませる際の注意点

驚いている赤ちゃん
基本的に赤ちゃんの飲み物は、ミルクです。
ミルク以外の物を飲ませることはあまり良くありません。

しかしミルクを飲んでくれない場合や、災害時でミルクを用意できない場合は、軟水のミネラルウォーターを飲ませても問題ありません。

いつ頃から飲ませても良い?

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませても問題のない時期は、生後2ヶ月頃からと言われています。

当然ですがミルクが主で、ミネラルウォーターはミルクを飲まない時だけ飲ませましょう。

例え軟水といえども、微量ですがマグネシウムは含まれています。
軟水を飲ませたことでうんちが柔らかくなる可能性はあります。

どのくらいの量を飲ませても良い?

生後2ヶ月を過ぎたとしても、ミネラルウォーターを多量に飲ませてはいけません。

最初は20mlほどの少量から、徐々に増やしていきましょう。
うんちが柔らかくなるようでしたら、量を増やさないほうが良いでしょう。

スーパーでもらえる水は軟水?

ボトルを購入すれば、水が無料でもらえるサービスを展開している、スーパーマーケットがあります。

スーパーマーケットでもらえる無料の水は「水道水を浄化した水」であることが多いので、軟水の可能性が高いです。

念のために、「赤ちゃんに飲ませても良いか」を店員に確認するといいでしょう。

沸騰(煮沸)させたほうが良い?

ミネラルウォーターは沸騰(煮沸)させる必要はありません。

水道水を煮沸させる理由は、塩素(カルキ)を抜くためです。
ミネラルウォーターには塩素は入っていないので、そのまま飲ませて問題ありません。

ただし冷蔵庫で冷やした状態で飲ませないほうが良いでしょう。
冷たい水が原因でお腹がゆるくなる可能性があります。常温で飲ませましょう。

赤ちゃんに水道水を飲ませても良い?

水道水
ミネラルウォーターのストックがない場合、赤ちゃんに水道水を飲ませても問題無いのでしょうか?

実際のところ、赤ちゃんに水道水を飲ませたり、ミルクを水道水で作っても問題はありません。

しかし注意点がありますので紹介します。

日本の水道水は大半が軟水

ミネラルウォーターは「軟水」しか飲ませてはいけないと書きましたが、水道水も軟水しか飲ませてはいけません。

しかし日本の水道水の大半は軟水ですので、特に心配はしないで良いでしょう。

外国では、水道水が「硬水」の場合があります。
しかしそれ以前に、外国の水道水は汚れているので、飲ませてはいけません。

水道水そのままは危険

水道水をそのまま飲ませたり、水道水そのままでミルクを作ってはいけません。

なぜなら水道水には、塩素(カルキ)が含まれているからです。
マンションの場合は、貯水槽にしばらくの間「溜まっていた水」の可能性があり、汚いです。
また一軒家の場合でも、水道管が古くなり汚れが付着している可能性があります。

本来水には「菌」が繁殖しています。その菌を殺すために塩素が入っています。
大人の内臓であれば問題のない塩素の量ですが、赤ちゃんの場合話は別です。

塩素が残っていると、ミルクに入っている栄養が破壊されることがあります。
また塩素が赤ちゃんの消化器官に影響を与え、消化不良の原因にもなります。

水道水を赤ちゃんが飲める水にする方法

それでは赤ちゃんに水道水を飲ませてはいけないのかと言うと、そうではありません。
水道水に含まれる塩素(カルキ)を除去すれば飲ませられます。

塩素はアトピーを悪化させるとも言われています。
アトピーや敏感肌の赤ちゃんの場合は、必ず塩素を除去しましょう。

水道水から塩素を除去する方法は下記のとおりです。

[1]水道水を沸騰させる
[2]沸騰したまま15分火にかける

水道水を沸騰させると塩素が除去されますが、沸騰してすぐに火を止めると「トリハロメタン」という成分が増えます。

この「トリハロメタン」は発がん性物質と言われており、赤ちゃんの体に有害です。

しかし沸騰してすぐに火を止めず、15分ほど沸騰させ続けると、トリハロメタンを除去できます。
ですので沸騰後も15分間は火をかけ続けましょう。

水道水を除去するために沸騰させると、最短でも20分は必要です。
ガス代が気になる方はミネラルウォーターを購入しましょう。

他にもレモンや緑茶を加えると塩素を除去することが出来ますが、
赤ちゃんの飲み水になるので、避けた方が良いでしょう。

またペットボトルに水道水を貯めて放置しておくと、塩素が除去できます。

しかしこの「汲み置き」は、紫外線に当てないと効果が薄く、外に放置しておく必要があります。
外に放置すると菌が繁殖する可能性がありますので、赤ちゃんの飲み水には適しません。

赤ちゃんにオススメのウォーターサーバー

赤ちゃんの飲み水やミルク調整用の水として、自宅にウォーターサーバーを置きませんか?

ミネラルウォーターの購入手間が省けますし、水道水の塩素除去作業が無くなります。

一般のウォーターサーバーよりも、「赤ちゃん専用」のウォーターサーバーがオススメです。

「AngelSmile」は赤ちゃん専用のウォーターサーバーであり、ミルク作りに最適な70度のお湯が出ます。

粉ミルク中に含まれる菌は、70度の熱で死滅します。その70度のお湯がすぐに出るのは嬉しいですね。
(ベビーモードを解除すれば90度まで上げられます)
また添加物は一切使っておらず、放射性物質も全く含まれていません。

「水」のお金以外はかからず、メンテナンス料や配送料は無料です。
しかも今なら、「15000円程度」のウォーターボトルを104円で購入できます。

12リットル×2本または8リットル×3本から、水を購入できます。

価格は
12リットル×2本の場合3,340円
8リットル×3本の場合3,750円となっています。

まとめ

赤ちゃんに飲ませるミネラルウォーターは、必ず「軟水」を選びましょう。

市販されている赤ちゃん向けのミネラルウォーターや、赤ちゃん向けのウォーターサーバは全て軟水です。

また水道水を飲ませる場合は、必ず塩素(カルキ)除去を行いましょう。

塩素を抜くために水道水を沸騰させる場合は、沸騰しても火を止めては行けません。
沸騰後も15分間は火をかけ、沸騰させ続けましょう。
これで発がん性物質「トリハロメタン」も除去できます。

基本的に赤ちゃんの飲み物は、ミルクだけで十分です。
ミネラルウォーターを与える場合は、少量ずつ与えましょう。

自宅に赤ちゃん用のウォーターサーバーがあると便利です。
すぐに70度のお湯を用意できますし、赤ちゃんの内臓に優しい成分となっています。


赤ちゃんの鼻水が止まらない場合は、電動鼻水吸引器を使おう!
子育てに便利なアプリをまとめました。

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

ミネラルウォーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

凛鈴パパ

凛鈴パパ

年子の姉妹を持つ2児パパです。お金のことや法律の記事を書くのが得意です。賢く得が出来る記事を書いていきます。

関連記事

  • 幼稚園

    認定こども園ってなに?メリットやデメリット、費用についてまとめました。

  • 液体ミルク

    乳幼児用の液体ミルクが販売解禁されるのはいつから?

  • おばあちゃんと孫

    姑がうざい!子育てに口出しする姑の対処方法

  • おもちゃで遊ぶ子供

    子供にお片付けさせる方法とは?やる気を上げる方法やNGな片付け方法

  • 3才児神話を嘘と知ってショック

    3歳児神話は嘘、その理由を話します。

  • ミルクを飲む赤ちゃん

    パパ・ママ育休プラスってどんな制度?育児休業の期間が延長されます。