1. TOP
  2. 遺伝子組み換え食品は危険なの?子供が食べて悪影響はある?

遺伝子組み換え食品は危険なの?子供が食べて悪影響はある?

野菜

食品の表示欄に「遺伝子組み換え食品」と言う文字があると
なんとなく体に悪いイメージがあって、購入を控えてしまうなんてことありませんか?

この「なんとなく体に悪い」というイメージのある遺伝子組み換え食品は、
実際のところ本当に危険なのでしょうか?そしてどのように危険なのでしょうか?

子供の健康の為に
「なぜ遺伝子組み換え食品が危険と言われるのか」
「遺伝子組み換え食品を見分けるにはどうしたらいいのか」を知っておく必要がありますね

遺伝子組み換え食品とは

トウモロコシ
そもそも遺伝子組み換え食品について、詳しく知らない人が非常に多いと思いますので
まずは「遺伝子組み換え食品とは何なのか?」を簡潔に書いてみます。

あらゆる生物には「遺伝子」があります。
優れた遺伝子を見つけて、その遺伝子を別の生物のDNAに組み込むことを「遺伝子組み換え」と言います。

遺伝子を組み換えたことで、その生物の弱点(例えば病気に弱いなど)を補うことができるのです。

遺伝子組換えは動物だけに行われるわけではなく、食品でも行われます。
より強い遺伝子に組み替えられた食品が「遺伝子組み換え作物」です。

遺伝子組み換え作物は英語で「Genetic Modification Organism」と言い、
「GM」または「GMO」とも言われています。

私たちが口にしている食物の遺伝子を、なぜ組み換えるのかと言うと、
「食物の大量生産」「コスト削減」「時間短縮」
これらを実現するために遺伝子を組み替えるのです。

例えば、トウモロコシを農園で栽培したとします。
農園には雑草や害虫が存在するので、殺虫剤や除草剤をまきます。

しかし農園全体に殺虫剤や除草剤をまくと、
雑草や害虫だけではなくトウモロコシまで枯らしてしまいます。

そこで殺虫剤や除草剤に強い遺伝子を、「トウモロコシの遺伝子に」組み込みます。
すると殺虫剤や除草剤では枯れない、「強いトウモロコシ」が生まれます。

その結果、栽培の手間がかからなくなり
「作物の大量生産」「コスト削減」「時間短縮」が達成でき、より多くの利益を生むことができるのです。

遺伝子組み換えにより、殺虫剤や枯葉剤に強くなった作物は、農薬を大量に使っている為
遺伝子組換え食品を食べることによる、人体の健康被害が心配されています。

遺伝子を組み替えた食品を食べると、発がん性があるとも言われています。

遺伝子組み換え作物で有名な「モンサント社」と言う会社があります。
モンサント社は遺伝子組み換え作物の世界シェアが90%と、非常に高い割合を占めています。

モンサント社は過去に、ベトナム戦争で町中に散布された枯葉剤を製造した会社です。
当時枯葉剤散布により、人体の健康被害が相次いだことはご存知でしょうか?

枯葉剤を散布したことで、ガンを発病した人や、産まれてくる子供の奇形など…
とても深刻な被害があったのです。

そしてそのような被害を作った薬の製造会社が、
今度は遺伝子を組み換えて農薬に強い作物を作っているのです。

遺伝子組み換え食品の賛否

遺伝子

遺伝子組換え食品の安全性に関しては、賛否両論があります。

厚生労働省は安全性を認めている

まず、日本の厚生労働省は「遺伝子組み換え食品は安全だ」と発表しています。

さまざまなデータに基づき、組み込んだ遺伝子によって作られるタンパク質の安全性や組み込んだ遺伝子が間接的に作用し、有害物質などを作る可能性がないことが確認されていますので、食べ続けても問題はありません。
遺伝子組み換え食品の安全性について

このように厚生労働省は
「きちんと遺伝子組み換え食品の検査をおこなっているから人間が食べても大丈夫ですよ」と言っています。

「国が言うのだから安全なのか。」と、そう思ってしまいますよね。
ですが遺伝子組み換え食品は、安全ではないと言う意見もあります。

遺伝子組み換え食品は危険・疑問視する声

遺伝子組み換え企業やその影響を受けた政府機関は遺伝子組み換えは健康に害を与えず、安全だと宣伝しています。しかし、その安全の根拠には根底的に疑問がつきつけられています。その安全という根拠は遺伝子組み換え企業自身が行った実験データなのですが、その実験はわずか90日だけであり、そのデータの詳細は一般には公開されていません。
遺伝子組み換えの何が問題?

この90日間の実験を行った会社は、モンサント社です。

モンサント社は、遺伝子組み換え作物を作っている会社ですので、当然自分に有利な実験をするでしょう。
しかもデータの詳細が公開されていないとなると、不信感を抱くのは当然と言えます。

遺伝子組み換え食品は健康に悪影響を与える可能性がある

農薬散布
遺伝子組み換え食品によって、人体の健康に悪影響を与えるのではないか?という疑問が出る情報はたくさんあります。

マウスの実験で奇形が産まれる

2012年フランスの遺伝子組み換え食品の研究チームが、マウスに遺伝子組み換え食品を食べさせると、どうなるのかという実験を行いました。

200匹のマウスを対象にした実験です。
実験中は「除草剤耐性遺伝子組み換えトウモロコシ(NK603)」をマウスに食べさせました。

エサを下記の4種類に分けて、実験をおこなっております。

  1. 除草剤をかけていないGMトウモロコシ
  2. 除草剤をかけているGMトウモロコシ
  3. 除草剤を混ぜた水と通常のトウモロコシ
  4. 通常のトウモロコシ

その実験結果は、1~3のマウスの55.6%に大きな腫瘍が出来たり、マウスから産まれる赤ちゃんが奇形であったりと、マウスの体に異変があったことがわかるものでした。

この実験では除草剤が体に悪影響なのか、それともGMトウモロコシが体に悪影響なのかがわかる実験なのですが、その結果はどちらにもマウスの体に害があるということが分かったのです。

アルゼンチンでは慢性疾患が増えた

遺伝子組み換え作物を作っている農場地域では、
周辺に住む母親の母乳や子供の尿などから、危険値の農薬が検出されています。

アルゼンチンのコルドバ州に、遺伝子組み換え農作物を育てる地域があるのですが、
その周辺に住む住人は、ガンや白血病・アレルギーなどの病気が急増したと報告されています。

その原因は農作物に撒かれている除草剤が地下水に混ざり込み、
汚染された水が生活用水になったことと考えられています。

汚染された水を日常的に飲んだり肌に触れることで、住民に健康被害があらわれたと言われています。

遺伝子組み換え食品の表示について

大豆
スーパーで食品を手にした時、パッケージに「遺伝子組み換えである」と書かれていることがあります。

日本で販売・流通が認められている遺伝子組み換え食品は「8作物」あり、
その食品に関しては「遺伝子組換えである」又は「遺伝子組換え不分別である(分別してないから入っていると思って良い)」の表示が義務付けられています。

【日本で許可されている遺伝子組み換え食品の8品目】

  1. 大豆
  2. トウモロコシ
  3. ナタネ
  4. じゃがいも
  5. 綿実
  6. 菜種
  7. アルファルファ
  8. パパイヤ

遺伝子組換えである旨の表示義務があるなら、
「遺伝子組換えである」又は「遺伝子組換え不分別である」の表示がなければ
それは遺伝子組み換えを使っていない食品だと思いますよね。

しかし、原料に「遺伝子組み換え食品が含まれる割合が少ないもの」に関しては、表示義務はありません。
ですので表示がないからと言って、遺伝子組み換え食品ではないと判断できないのです。

遺伝子組み換え食品が原料となっている加工食品

子供が大好きなお菓子やジュースの中にも、遺伝子組み換え食品が原料となって含まれています。
ファーストフード店にも、遺伝子組み換えをしているポテトが使用されています。

安く買える加工食品には、遺伝子組み換え作物を原料としているものがたくさんあると言えるでしょう。

完全に遺伝子組み換え食品を排除することは難しい

スーパー

遺伝子組み換え食品が安全なのか、それとも危険なのか、
その点が明確にならない状態では、子供に食べさせることはおすすめできません。

その為には遺伝子組み換え食品なのか否かを、見分ける必要があります。

ですがそれは「オーガニック食品・自然食品のみを食べる人」でないと不可能に近いでしょう。
(オーガニックと記載のあるものだけを食べるのは非常にお金がかかりますし手間です)

外食で使用される食材は、海外から輸入される食材がほとんどで、
遺伝子組み換え食品が使われていることが非常に多いです。

さらに家畜が、「エサで遺伝子組み換えの食物を食べていた場合」
スーパーで並んでいるお肉は、「遺伝子組み換え食品が濃縮されているお肉」とも言えます。

ここまで遺伝子組み換え食品が出回っている状態では、
完全なる遺伝子の組み換え食品の排除は難しいでしょう。

まとめ

野菜
遺伝子組み換え食品に関して国は、「安全」と発表しています。
ですが危険性を訴えている研究者や、専門家がいるのも事実です。

遺伝子組み換え食品の安全性は、まだ完全に解明されていません。
ですので現状子供には遺伝子組み換え食品をオススメできません。

遺伝子組み換え食品を子供に食べさせたくないと思う方は、商品のパッケージを確認して、
遺伝子組み換え食品の表示が無いことを確認してから、購入するようにしましょう。

遺伝子組み換え食品の表示がされていなくとも、遺伝子組み換え食品である可能性はありますが
何もチェックしないよりは、遺伝子組み換え食品を選んでしまう可能性は下がります。


好き嫌いが多い子供の「偏食」を治すにはどうすればいいの?

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

野菜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ママライターR

ママライターR

子育てペディア編集長のRと申します。小学3年生の息子と小学6年生の娘を持つ2児の母(34歳)です。私の子育て方針は「のびのび」です♪子供の自我を抑え込み過ぎず、心の広い寛大な子供に育つよう心がけています。

コメント

  1. 2児のパパ より:

    「マウスの実験で奇形が産まれる」の実験は、もともと腫瘍(←これを奇形と言ってると思うのですが)ができやすいマウスを使っていて、データ的には通常のトウモロコシを与えたマウスと差はないなど、実験手法やデータの解釈に問題があり、科学的に正しいとはいえず論文が撤回(STAP細胞と同じ)されています。日本の食品安全委員会など各国の機関も実験の結論を否定する見解を示しています。

    また、遺伝子組換え作物が流通して20年になりますが、これまで遺伝子組換え食品を食べたことによる健康被害は1件も認められていないこと、そして動物や人が食べても、がんや肥満、胃腸や腎臓の疾患、自閉症、アレルギーなどの増加を引き起こす証拠はないという報告が今年の6月にアメリカで出されています。

    いろんな情報が氾濫する時代ですが、間違った情報に振り回されて神経質になりすぎるのも良くないと思います。

  2. 凛鈴パパ 凛鈴パパ より:

    2児のパパさん

    コメントと詳しい情報ありがとうございます。

コメントを残す


関連記事

  • キャンディ

    1歳の子供が食べられるお菓子やデザートは?

  • タブレット操作する子供

    子供の頚椎椎間板ヘルニアの原因・症状・治療法など。ゲームやスマホに注意!

  • 子どもの手

    子どもの爪を噛む癖が治らない!原因と心理・治し方

  • おねしょした布団

    子どものおねしょ(夜尿症)が治らない!原因と治す方法は?

  • 泣く子供

    子供が奇声や大声をあげて困る!もしかしたら病気?叫ぶ原因や対処方法をまとめました

  • 寝込む子供

    子供の盲腸(急性虫垂炎)は早期発見が大切!原因や症状・治療法まとめ