1. TOP
  2. 子どもの初めてのブラジャーはいつから?時期や種類、選び方などまとめ

子どもの初めてのブラジャーはいつから?時期や種類、選び方などまとめ

女の子の後ろ姿

小学校の高学年あたりから、女の子の身体の変化が大きくなってきますね。

そんな女の子が1番気にする身体の変化は、胸が大きくなっていくこと。なぜなら胸が大きくなると、服の上から目立つようにもなるのでブラジャーをつけなくてはいけませんからね。

一体いつから子どもはブラジャーをつけたら良いのでしょうか?子どもが初めてつけるブラジャーのサイズや種類は、どれにしたら良いのでしょうか?

そのお悩みが解決できるように、子どものブラジャーについてまとめてみました。

子どもによりブラの悩みと解決方法

悩む子供
子どもの胸が大きくなると、ブラジャーをつけなくてはなりません。

ですが子どもはブラジャーをつけることを、「恥ずかしい」と思っていることが多いのです。

当然、胸が大きくなり女らしい大人の身体になっていくことは、決して悪いことではありませんし、誰もが通る道です。

しかし子ども本人からすれば初めての体験です。子どもはブラジャーに対して、一体どのような悩みを抱えているのでしょうか?

ブラを買ってと言えない

胸が大きくなることが恥ずかしいと思う子どもは、とても多いです。

皆さんも思い出してほしいのですが、子どものころに胸が大きくなることを「恥ずかしい」と思っていませんでしたか?大人になると子どもの恥ずかしいと思う部分を忘れてしまっているものです。

身体の変化を親に伝えることは、子どもからすればさらに恥ずかしいものがあります。ですので子どもは親に「ブラジャーを買って」と言いにくいのです。

そんな悩みの解決方法としましては、子どもの胸が大きくなってきたと思ったらママの方から

「そろそろブラしたほうが良いんじゃない?」
「ブラ買いに行こう」

などと言ってあげることです。子どもから言いにくいのですから、ママから言うことで悩みは解決されます。

もしくは、わざわざ子どもに聞かなくても、ママが子どものブラジャーを言われる前に購入しておくのも良いでしょう。

ブラに抵抗がある

友達がブラジャーをつけていない場合、子どもはブラジャーをつけることを恥ずかしいと思ってしまいがちです。

なぜなら、ブラジャーをつけていることで友達にいじられることがあるので、ブラジャーをつけることが恥ずかしいのです。

友達がブラジャーをつけ始めるタイミングが同じなら、ブラジャーに対する抵抗もまだマシではありますが、子どもによって成長するスピードは違いますので、そんなわけにはいきません。

ブラジャーを付け始めたことを言うからバレるのであって、黙っていればブラジャーをつけていることがバレないのでは?と思う方もいるかも知れません。

ですが、体育の授業があるのでそうもいきません。白い体操服から、スポーツブラが透けて見えてしまうからです。周りの友達にはブラジャーをつけていると言うことが一目瞭然になるのです。

そんなときの解決方法としましては、ブラジャーが透けない方法を考えてみてください。

例えば、ブラジャーの上から薄いキャミソールや肌着を着てみるのはいかがでしょうか?

重ね着をして体操服を着ることによってブラジャーが透けないので、友達には気づかれにくくなりますよ。

ブラをつけると窮屈に感じる

ブラジャーと言えば、胸を支えるために肌にぴったりしています。そのぴったり感を窮屈に感じてしまう子どもがいるのです。

大人からすれば至って普通の感覚ですが、ブラジャーを付けたことがない子どもは違和感を感じてしまいます。

確かに、ピタッと肌にフィットしているので、多少の圧迫感はありますからね。

そんなときの解決方法は、「慣れる」のみです。

どうしてもこの窮屈感に慣れない子どもに対しては、ブラジャーではなく胸元にパットが付いているキャミソールからはじめてください。

パット付きのキャミソールなら、締めつけがないので窮屈に感じることがありません。

違和感があってブラジャーを嫌がるという場合は、ブラタイプから始めず、キャミソールタイプで徐々に慣らしていくと良いでしょう。

ブラのサイズがわからない

自分の胸の大きさって、正直よくわからないですよね。
大人でも正式な自分のブラジャーのサイズを把握している人は少ないのですから、はじめてブラジャーをつける子どもならなおさらです。

ブラのサイズが良くわからないという場合は、下記のサイズを参考にしてみてください。
(スポーツブラの場合はSMLで表示されています)

  • 細身の子ども…Sまたは140サイズ
  • 中肉の子ども…Mまたは150サイズ
  • 大きめの子ども…Lまたは160サイズ

スポーツブラは伸縮性があり、ストレッチが効いているものがほとんどですので、多少のサイズ違いもフォローできます。

ブラをつける時期はいつから?

ブラジャーは一体いつごろからつければ良いのでしょうか?いつからブラジャーを付けるのか統計データがありましたので、引用します。

子どもがはじめてブラをつける時期の割合
参照:w.マイナビウーマン 

こちらの統計によりますと、小学校5年生から中学校1年生にかけてブラジャーをする子どもが増えているようですが、実際のところいつから子どもはブラジャーをつけたら良いのでしょう?

子どもによって成長のスピードや身体の変化は違います。ですので、子どもの身体の変化する時期によって、ブラジャーをつける時期が変わってくると考えましょう。

子どもの胸が成長をはじめるのは月経が始まる一年以上前からと言われています。この頃に乳頭のまわりがふくらみはじめます。

乳頭のまわりがふくらみはじめると、Tシャツの上から胸が目立ち始めますので、この時期あたりからブラデビューするのが良いでしょう。

ブラをつける時期が遅くなるとどうなる?

はてなマーク
女の子は、胸をささえる為・胸を守るためにブラジャーをつけます。ですが違和感や恥ずかしさから、ブラジャーをつけ始めるべき時期につけない子どもがいます。

このように、ブラジャーをつけはじめる時期が遅くなるとどうなるでしょう?

ちゃんとブラジャーをつけていないと、胸が擦れることもありますし、体育の授業にも支障がでますね。

それに胸を目立たせないようにしたいがために、姿勢が悪くなり猫背になってしまう子どももいます。

ですのでブラジャーをつける時期が遅くならないように、ママが子どもの成長に日頃から気配りすることが必要ですし、子どもにはブラジャーを勧めるようにしましょう。

子どもが言い出すのを待っていては遅れてしまう場合もあります。ママの方から声掛けしてあげることが大事です。

ブラの選び方

ランドセルを背負った女の子
ブラジャーを選ぶ時、子どもに試着させる人は少ないものです。

なぜなら、子どもの下着を下着専門店で購入するママは少なく、ほとんどがスーパーや服屋さんで購入しているからです。

と言うのも、下着の専門店でしたらブラジャーの試着が出来ますが、スーパーや服屋さんではブラジャーの試着ができないことが理由です。

ファーストブラにスポーツブラを選ぶのであれば、ストレッチが効いているので試着する必要はありません。

ですが、ある程度胸のふくらみがある子どものブラジャーでしたら、試着できる場合は試着してから購入する方が良いでしょう。

だって、フィット感のないブカブカなブラジャーをつけていても、胸を守れていないのと同じですからね。

ですので、スポーツブラからステップアップしたブラを選ぶ場合、試着できるようであれば試着して購入してください。試着が無理な場合は、ブラジャーのサイズを確認して購入するようにしましょう。

胸が大きい子どもに大人用のブラはNG!

チェックの入ったNO
小学生の子どもでも、大人の胸と同じように丸く立体的にふくらんでいる子もいます。このような場合、大人用のブラをつけてもいいのかと疑問に思うママがいるかと思います。

実はこれ、NGなのです!

大人のバストは子どものバストとは違い、柔らかくなっています。その為、大人のブラジャーは、大人の柔らかいバスト用に寄せて上げるをモットーに作られているものがほとんどです。

そのようなブラジャーを子どもがつけると、違和感を感じてしまいますし、すぐズレる原因にもなってしまいます。

ですので成長期の子どもの胸にとって、大人用のブラジャーは負担がかかってしまうので避けるようにしましょう。

そもそも大人のブラジャーは色が派手であったり柄物が多いので、子ども自身が大人のブラジャーをつけることを嫌がることが多いです(笑)

ブラの種類

タイプAとタイプBの看板
子ども用のブラジャーには、いくつか種類があります。どのブラジャーにするかは、子どもの胸の成長に合わせて選んでいくと良いでしょう。

スポーツブラ

スポーツブラ
ワイヤーを使っていないソフトタイプのブラになります。
クッション性があることが特徴となっており、ファーストブラにスポーツブラを選ぶ人はとても多いです。

ワイヤレスブラ

ワイヤレスブラ

成長期のバストのふくらみに合わせて優しくカバーをしてくれるタイプのブラになります。

こちらもワイヤーが入っていないブラなので、締めつけ感がなく違和感を感じることが少ないでしょう。

ワイヤー入りブラ

ワイヤー入りブラ
立体的にふくらみ始めたバストを優しく支えるタイプのブラになります。

こちらはワイヤーが入っていますが、子ども用のワイヤー入りブラは、大人のワイヤー入りブラと設計違いソフトにバストを支えてくれます。

日頃から親子でコミュニケーションを!

親子
親に「ブラを買ってと言えない」理由の1つとして、日頃からコミュニケーションが少ないということがあげられます。

子どもにとって性に関することや、自分の身体の変化について親に話ということは、やっぱり恥ずかしいものがあります。

親子間で何でも話ができることが理想ではありますが、そう簡単なことではありませんよね。それに親子で会話をあまりしないでいると、なおさら言いにくくなってしまいます。

ですので、親子でコミュニケーションを日頃からとるようにしてください。

そうすることで、子どもは自分のことを話やすくなりますので、「ブラを買って!」と言えるきっかけになることもあると言えるでしょう。

まとめ

笑顔の女の子
小学生の女の子は、初めてのブラジャーに抵抗がある子がほとんどです。

ですが、ブラジャーの購入については、なかなか自分から言い出せない子どもが大半です。

ですので日頃から子どもとコミュニケーションを取り、言いやすい親子関係を築いていくようにしましょう。

そして言い出せない子どものために、ママが子どもの身体の変化に気付き、ママから購入をすすめてあげるのも良いでしょう。

子どもが使うブラジャーのサイズや種類は、子どもの胸の成長に合わせておこなってください。

ファーストブラには、ストレッチの効いているスポーツブラタイプが良いでしょう。締めつけ感があまりないのでがおすすめですよ。

スポーツブラにどうしても抵抗のある子どもは、キャミソールに胸パットが付いているものから始めてみて徐々に慣らしてみてください。

子どものブラジャーも大人と同様にかわいいデザインが販売されているので、親子で一緒に選ぶことが楽しみの1つになっていくと良いですね☆

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

女の子の後ろ姿

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ママライターR

ママライターR

子育てペディア編集長のRと申します。小学3年生の息子と小学6年生の娘を持つ2児の母(34歳)です。私の子育て方針は「のびのび」です♪子供の自我を抑え込み過ぎず、心の広い寛大な子供に育つよう心がけています。

コメント

  1. まりあ より:

    やっぱり最初のブラはスポーツブラが多いんですね。
    どれにしようか悩んでいたので参考になりました。

    1. ママライターR ママライターR より:

      まりあ様
      コメントありがとうございます。
      ブラジャーに慣れていない子供ですので、最初は締め付けの緩いスポーツブラがおすすめですよ(*^^*)

  2. あき より:

    私も5年生の子供がいますでもぶらをほしがります

  3. ぶら より:

    うちの娘の胸が大きくてなやんでいました。
    ありがとうございました。

  4. パンツ より:

    うちの娘の胸が大きくてなやんでいました。
    ありがとう

  5. みいな より:

    分かりやすい

  6. 亜依佳❗❗ より:

    参考にさせて頂きます❗

            

         

コメントを残す


関連記事

  • 泣いている子供

    父親(夫)が子供を虐待する際、虐待をやめさせる方法は?原因と対策について

  • 世界中の子ども

    こども食堂って知ってる?子ども食堂の都道府県別一覧

  • 子供を褒める親

    子供を伸ばす上手な褒め方って?ダメな褒め方もまとめました。

  • 向き合う男女

    損しない離婚方法なら調停離婚がおすすめ!離婚調停の手続きや流れをまとめました。

  • 家事に悩んでいる女性

    育児と家事と仕事の両立!忙しいママが少しでも楽になる方法

  • 親子

    子どもの里親になる方法!里親制度とは?手当や養育費について