1. TOP
  2. 子どものムダ毛処理はどうすればいい?安全に脱毛する方法は?

子どものムダ毛処理はどうすればいい?安全に脱毛する方法は?

 2016/10/18 健康・病気
  504 Views
脱毛が完了した子供の足

ムダ毛の処理というと大人が行うイメージですが、近頃は子どももムダ毛の処理をしているようです。

子供の頃からムダ毛を処理する必要があるのか?と疑問を持つ人も多いかもしれません。

しかし子供の頃って残酷ですからね、ムダ毛がいじめに繋がる可能性があります。また、ムダ毛が気になって学校に行きたくなくなる可能性もあります。

そのようなことが無くなると思うと、子供のムダ毛処理だって良い面は大いにあると思います。ですので、子どもだからと言ってムダ毛処理をしてはいけないわけではありません。

ただし注意する点がいくつかあるので、今回は子供のムダ毛処理の方法、注意点、安全に脱毛する方法をまとめました。

子どものムダ毛処理で注意すること

ムダ毛処理で注意すること
「子どもだからと言ってムダ毛処理をしてはいけないわけではない」と書きましたが、やはり子供の場合は注意しておくことがあります。

まず、あまりに早すぎる時期の脱毛処理はNGです。後述しますが、成長していくにつれ(女の子であれば特に)ムダ毛が薄くなる可能性があるからです。

また、脱毛エステや脱毛器を使ってムダ毛を脱毛する場合、日焼けをしていると脱毛が綺麗に行えない場合があります。これはレーザー脱毛のレーザーは黒色に反応するため、日焼けしているとムダ毛か肌かわからないためです。

さらにレーザー脱毛後に日焼けをすることにもリスクがあります。レーザー脱毛をすると少なからず肌にダメージが加わるのですが、その状態で日焼けをすると色素沈着してしまう可能性があります。ですので、レーザー脱毛後しばらくは日焼けしてはいけません。

いつから脱毛していいの?

いつから脱毛していい?
それでは一体、子供の脱毛は一体いつから開始しても良いのでしょうか?

私は、子供の脱毛は中学生以降から始めるべきだと思っています。その理由は以下の通りです。

幼いときは毛が濃くて当たり前

まず、小学生低学年未満の幼いときは毛が濃くて当たり前です。産毛のような毛が背中や腕に生えていても何もおかしくありません。

この産毛のような毛は成長していくにつれてどんどんと薄くなります、ですので小学生未満では脱毛の必要は無いと言えます。

月経が始まるまで待ったほうが良い

女の子の場合であれば、月経が始まるまで待ったほうが良いと言えます。

と言いますのも、月経が始まれば女性ホルモンが活性化し、男性ホルモンの数が減少します。

ムダ毛は男性ホルモンの量によって決まりますので、女性ホルモンが活発化することで自然とムダ毛はドンドン薄くなっていくのです。

また、男の子の場合であっても成長期が来るまでは待ったほうが良いでしょう。

男の子の場合は、成長期が来ることで男性ホルモンが活性化します。と言うことはムダ毛が濃くなるのです。

成長期の前に脱毛処理をしていても、成長期が来ると再びムダ毛が生えてくる可能性があります。ですので、成長期までは待ったほうが良いのです。

子どもが脱毛を始める良いタイミング

それでは、子どもの脱毛を始めるベストのタイミングは一体いつなのでしょうか?

私は中学生~高校生に脱毛をするのがベストだと考えています。女の子であれば中学生、男の子であれば高校生が目安となるでしょう。

その理由は上記にあげた、成長期が来るのを待ったほうが良いからです。

子供の時期で「ムダ毛の量」を見抜くのは困難です。成長期が来ると大体のムダ毛の量が分かるので、そのときに脱毛するかしないか判断しましょう。

※中学生未満の脱毛が危険だから止めておいたほうが良いと言うわけではありません。

子どものムダ毛を処理する方法

レーザー脱毛の様子
子供のムダ毛を処理する方法は一体どのようなものがあるのでしょうか?

オススメの脱毛方法とやってはいけないNGな脱毛方法をまとめました。

オススメの脱毛方法

まずはオススメの脱毛方法です。金額やムダ毛の量によって使い分けるのが良いでしょうね。

子供用の脱毛エステに通う

脱毛といえば脱毛エステ。それは大人であっても子どもであっても同じのようです。

脱毛エステに通って脱毛をすることが、最も効果的な脱毛方法かつ安全な脱毛方法と言えます。

ただし、高校生未満の子どもは脱毛エステ側から断られることも多いようです。断られなくても子ども特有の脱毛方法を知らない可能性もあります。

ですので、子どもを脱毛エステに通わせるのであれば、子供用の脱毛エステをオススメします。

子供用の脱毛エステでオススメはディオーネです。

キッズ脱毛を確立し、すでに多くの子供の脱毛処理を行っているので、安心して通わせることが出来ます。

脱毛エステに行ったことがない親御さんは、脱毛エステに一度行くと脱毛が完了すると思っている方が多いようです、しかしそうではありません。

どこの脱毛エステも一度でムダ毛を全て処理できるわけではなく、数度通い徐々に脱毛していくことになります。来院時に次回の予約をする点から歯医者や耳鼻科に似ていますね。

ムダ毛対策のジェルを使う

ムダ毛対策のジェルも子どもの脱毛で有効です。

注意していただきたいのですが、ムダ毛対策のジェルと除毛クリームは全く別物です。

ムダ毛対策のジェルは、毎日塗り続けることでムダ毛を薄くするアイテムです。
ただし商品によっては子どもの肌に合わないことがあるので注意しましょう。

オススメのムダ毛対策のジェルは、コントロールジェルMEです。

コントロールジェルMEは子どもでも使える、安心のムダ毛対策用ジェルです。天然の植物成分がメインに使われているので、お肌が荒れる心配がありません。

一度塗るだけでムダ毛が消えるわけではなく、毎日ジェルを塗ることで徐々にムダ毛が薄くなっていきます。


脱毛器を使う

脱毛器も子供のムダ毛処理には有効です。

ただし脱毛器を使って脱毛をする時は、子供のお肌に異常がないか親がチェックをする必要がありますので注意して下さい。

子供のお肌は大人以上に敏感です。ですので、レーザー脱毛のダメージも大人以上に加わりやすいのです。

脱毛エステであればプロのエステティシャンがチェックをしてくれますが、セルフ脱毛機の場合は親がチェックをする必要があります。その自信がなければ、私は脱毛エステかジェルを使うべきかなと思います。

※脱毛器によっては子どもに使用してはいけない旨の記載がされています。一度説明書に目を通して下さい。

やってはいけない脱毛方法

子供のムダ毛処理でやってはいけない脱毛方法があります。大人の場合ではOKでも、子供の場合ではNGになる方法があるので注意をしましょう。

カミソリで剃る

大人がやっている脱毛処理で最も多いのは、この「カミソリで剃る」ではないですか?何といってもお風呂に入りながら自分でできるお手軽な脱毛方法です。

しかし子供のムダ毛はカミソリで剃ってはいけません。理由は2つです。

一つ目は、カミソリで剃るとお肌にダメージが加わるためです。先ほどから書いているように、子供のお肌は大人のお肌以上にダメージを受けます。

二つ目に、カミソリで剃ることでムダ毛が太くなってしまうためです。ムダ毛をカミソリで剃ると、細かった毛先が太くなります。そうなると剃る前よりムダ毛が太く見えてしまうのです。

子どもがムダ毛を処理したいと言う時は、たいてい周りの目を気にしてのことだと思います。ムダ毛が太くなると余計に周りの注目を浴びてしまうでしょう…。

また子どもの手の届く場所にカミソリを置いていると、勝手に自分で剃ってしまう可能性があります。

カミソリの置き場所にも注意しましょう。

毛抜きで抜く

毛抜きで抜くこともまた、子供の脱毛方法としてはNGです。

毛抜きでムダ毛を抜くことは、カミソリで剃る以上にお肌へのダメージがあります。大人でも毛抜きで抜いた後に血が出ることがあるぐらいですから。

ムダ毛を抜いた後にその部分から菌が入ることもあります。抵抗力が大人より弱い子どもですので、菌が入ったことにより高熱が出たり、腫れたりする可能性があります。

除毛クリームを使う

除毛クリームはムダ毛を非常に綺麗に処理できるので、大人には人気の除毛グッズです。しかし、残念ながら子供のムダ毛処理には向いていないと言えます。

と言うのも、除毛クリームは子どもには刺激が強いためです。除毛クリームが除毛できる理由は、毛を溶かしているからです。毛を溶かすような成分が入っているから除毛出来るのです。

先程ムダ毛対策のジェルの項目で、「除毛クリームと間違えないように」と書いたのは、除毛クリームは刺激が強いためです。

また除毛クリームでの脱毛は、カミソリと同じくムダ毛が濃くなってしまう可能性もあります。

ブリーチなどで脱色をする

あまり私は知らなかったのですが、ブリーチなどを使ってムダ毛の色を抜くと言うムダ毛処理法があるようですね。

当然これもオススメ出来ません。理由は除毛クリームと同じでブリーチはお肌に刺激のある成分が使われているからです。

またブリーチで脱色したとしても、ムダ毛が伸びてきたり新しく生えてきた場合は、再度脱色をする必要があります。そうなればまたお肌にダメージがかかりますね。

脱毛エステならディオーネが良い理由

脱毛エステのディオーネ
オススメの脱毛方法とNGの脱毛方法をまとめましたが、最も私がおすすめする脱毛方法は、やはり脱毛エステです。

その中でも先ほど紹介した、キッズ脱毛の先駆者であるディオーネが最もオススメです。

子供の脱毛に手慣れている

脱毛エステといえばミュゼや銀座カラー、キレイモなどをよく耳にしますよね。逆にディオーネという脱毛エステは聞いたことが無い人も多いはず。

なぜディオーネは大人の女性に知られていないかと言うと、キッズ脱毛に力を入れてきたためです。
ディオーネは子ども専用ではないものの、キッズ脱毛を一番の強みとして運営されています。

ですので、施術を受ける人もそのほとんどがキッズで、お肌のトラブルや脱毛後の過ごし方など、子ども特有の問題をディオーネは全て熟知していると言えます。

ハイパースキン法でダメージを抑える

ディオーネがおすすめできる理由はもう一つあります。それは、ディオーネ独自の脱毛方法である「ハイパースキン法」です。

ハイパースキン法の説明をすると非常に難しい話になるので結論だけを書きますと、ハイパースキン法は高熱を加えません。

多くの光・レーザー脱毛では高熱を与えて毛根を焼くのですが、ハイパースキン法は毛根の中でも毛が生える原因となる「発毛因子」だけに熱を加えます。
この発毛因子は焼かずとも少しの熱で活動を抑えられるのです。

このハイパースキン法を使うことで、脱毛後の処理が他の脱毛エステに比べ非常に簡単です。

また、キャンペーン期間中のみにはなるようですが、今なら親御さんもこのハイパースキン法を体験することができます。子どもが施術を受ける前に親御さんが一度体験しておくことは良いことですね。

ムダ毛を薄くする食べ物

納豆
脱毛エステやジェルでムダ毛を脱毛したとしても、子どもですので成長するにつれ再びムダ毛が生えてくる可能性があります。

ですのでムダ毛処理が完了した後は、予防が必要になります。その予防の一つに食べ物があります。

ムダ毛を薄くしてくれる食べ物は大きく2つの種類の食べ物に分けることが出来ます。

イソフラボンが含まれる食べ物

ムダ毛を薄くする食べ物、それは大豆です。厳密に言うと大豆に含まれるイソフラボンがムダ毛を薄くしてくれます。

女性ホルモン(エストロゲン)が活発な人は、女性らしい体つきであることは皆さんご存知かと思います。

イソフラボンはこのエストロゲンと似た作用を持つことで有名です。すなわち、イソフラボンを摂取すると女性ホルモンが活性化するのと同じことがおきます。

イソフラボンは食事から食べる方法とお肌に塗る方法があります。簡単なのは食事で食べる方法ですね。

イソフラボンは大豆に多く含まれています。大豆をそのまま食べるのは難しいと思いますので、豆腐や納豆を食べればイソフラボンを摂取できます。

大豆を使った食べ物は他にもこれらが挙げられます。

  1. 油揚げ
  2. きな粉
  3. 豆乳
  4. 煮豆
  5. 味噌
  6. その他の食べ物はこちら

これらの食べ物は一日食べたからと言って何も変化を感じることは出来ません。毎日の食事で続けて食べていくことが重要です。

低GI値の食べ物

実はムダ毛を薄くする方法は、女性ホルモン(に似たイソフラボン)を活性化させることだけではありません。

当然、男性ホルモンの量を減らすこともまた、ムダ毛を薄くする方法なのです。

男性ホルモンが分泌される理由はいくつもあるのですが、その中でも多くの男性ホルモンが分泌されてしまう理由は「インスリン」です。

人間の体は高血糖になるとインスリンが分泌されて、血糖値を正常にしてくれるのですが、その際に同時に男性ホルモンも分泌されるのです。

と言うことは、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食べ物(低GI値)の食べ物も、ムダ毛を薄くしてくれるのです。(と言うよりムダ毛を濃くしない)

低GI値の食べ物にはこれらが挙げられます。

  1. 玄米
  2. 根菜以外の野菜類
  3. きのこ類
  4. チーズ
  5. ヨーグルト

その他の食べ物はこちら

低GI値の食べ物の場合も、続けて食べることが大事です。ムダ毛は徐々に薄くしていきましょう☆

まとめ

mとめ
子どもだからと言ってムダ毛の処理をしてはいけないわけではありません。

しかし子供のムダ毛処理は大人以上に気をつける必要があります。特にお肌へのダメージと日焼け対策です。この2つはしっかりしておかないと、子どもに一生の傷を負わせることもあるでしょう。

私個人的にオススメは、キッズ用の脱毛エステに通うこと、もしくはムダ毛処理用ジェルを使うことです。ダメージが少なく効果的にムダ毛を処理できるからです。脱毛器は親の責任で使いましょう。

また、子どもにはNGな脱毛方法も紹介しました。これらの方法はお肌にダメージを与える方法ですので、やってはいけません。お金がかからないからと言って付け焼き刃的な方法を取っていると、子どものお肌が傷んでしまいますよ。

最後に、ムダ毛処理をした後はイソフラボンが多い大豆や、低GI値の食べ物を選ぶようにして、ムダ毛の予防も行っていきましょう☆

\ SNSでシェアしよう! /

子育てペディアの注目記事を受け取ろう

脱毛が完了した子供の足

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

凛鈴パパ

凛鈴パパ

年子の姉妹を持つ2児パパです。お金のことや法律の記事を書くのが得意です。賢く得が出来る記事を書いていきます。

コメント

  1. すらいむ より:

    カミソリで剃ってあげようと思っていたので調べて良かったです。
    親子で脱毛エステに通うのが良さそうですね。

    1. ママライターR ママライターR より:

      すらいむ様
      コメントありがとうございます。

      友達同士や、家族で通うとなると、割引等がある脱毛エステがあります。
      割引を利用すればお得に脱毛が可能ですので、予約前に割引があるのか確認してみてくださいね。

コメントを残す


関連記事

  • 肩のタトゥー

    タトゥーを入れたいと言う子どもを止めるには?タトゥー(刺青)の危険やデメリットについて

  • 腕の蕁麻疹

    子どもが蕁麻疹になる原因は?蕁麻疹の種類と対処法

  • 赤ちゃん

    赤ちゃんはインフルエンザの予防接種をいつから(何歳)受けられるの?

  • お子様ランチ

    アレルギー持ちの子供が外食する時の注意点とオススメの飲食店(レストラン)

  • 泣く子供

    子供が奇声や大声をあげて困る!もしかしたら病気?叫ぶ原因や対処方法をまとめました

  • 寝ようとしている子供

    寝不足は子どもにとって悪影響!子どもが寝ない原因と対処法